短期間ダイエットでは野菜をじっくり・ゆっくり・最初に!

糖質や脂肪の吸収を抑制するお茶などが登場していますが、そういった商品に利用されているのが、食物繊維です。

食物繊維というと野菜に多く含まれていることが知られていますが、この食物繊維をしっかり取ることが、実は短期間にダイエットする大きなポイントとなります。

最近はご飯やお肉などを食べる前に、サラダなどの野菜を完食し、それからほかのおかずなどを食べるという食事方法を多くの方が実践されています。

日本ではメタボリックシンドロームや生活習慣病など、食生活が色濃く関係した病気、症状、未病を持っていらっしゃる方が多くなっていますが、こうした方々に野菜を先に摂取するという食事方法が推奨されています。

野菜をゆっくりよく噛んで食べることによって、満腹中枢が刺激され満腹感が早く訪れるということはもちろんのこと、食物繊維を先に摂取することでそのあと入ってくる脂肪や糖質の吸収を抑制することができます。

そのため、この食事方法は糖尿病や高血圧、高脂血症などの病気を患っている方々も実践されています。

短期間でダイエットする際には、まずこの野菜をゆっくりじっくり最初に食べるという食事方法を行ってください。

栄養素はしっかりとれ、脳が飢餓状態と勘違いすることもなく、しかも満腹中枢がしっかり働きもうおなか一杯だよと指令を出してくれるため、余分に食べてしまうという状態にも陥りません。

痩せるための努力というよりは、食事の順番を一つ変えるだけなので、誰でも楽にできます。

短期間でダイエットしようと決心された方は、まずは気軽に、この食事法から始めてみましょう。