短期間ダイエットでは暖かいものを体に入れて

短期間のダイエット方法の秘訣は、あまりにも我慢が多いことはしない、制限を作りすぎない、運動は生活の中で行う、食べるタイミング、運動するタイミングを理解するなど、難しいことはありません。

野菜を先にゆっくり食べるということだけでも効果的です。

そこに、自分ができることをプラスしていけばいいのです。

忙しくていろいろなことをするのが無理、という人もいますが、制限をあまり作らず、コツだけつかんで行う短期間のダイエットなら、忙しくてもできるはずです。

また忙しい人だからこそ、利用してほしいダイエットメニューも存在します。

それは、温かいものを取り入れるダイエットです。

激務の方は必ずといっていいほど、胃が疲労していますし、腸の動きも悪くなっています。

トイレに行くのも我慢してしまうことがありますので、便秘になっている方も少なくありません。

サラダも食べずおにぎりとか菓子パン、カップラーメンでお昼を済ませていませんか?こういう方はぜひ、朝や夜に温かいもの、つまりスープや雑炊などを摂取して胃を休め、体内からじっくり体をいたわってください。

コンソメスープでも鶏がらスープでもいいです。

キャベツや人参、玉ねぎ、ホウレンソウをスープに入れてさっと煮て食べてもいいですし、脂肪燃焼効果が高まるといわれるトマトを煮込んでスープにしてもいいでしょう。

野菜たっぷりで栄養素もしっかりとれますし、温かいものを食べることで新陳代謝がアップします。

脂肪燃焼効果も高くなります。

物足りない方はご飯を入れて洋風雑炊にしてみるといいでしょう。

雑炊なので、普通に食べるよりもごはんの量をかなり少なくできますし、消化もいいので激務とストレスで疲労している胃にも優しい食べ物になります。

便秘にも効果が高いです。

暖かいスープにお野菜をたっぷり入れて先にゆっくり食べ、そのあとご飯を少量入れて雑炊に、という食べ方なら、野菜からそのほかの食べものという食べ方ができ、脂肪の吸収が抑制され、ダイエットにぴったりです。